« 2014.07映画鑑賞総括 | トップページ | VAIO PRO 13入院す その5 »

2014/08/01

「GODZILLA ゴジラ」鑑賞

先日、「GODZILLA ゴジラ」を観てきました。ギャレス・エドワーズ監督作品。出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ブライアン・クランストン、他。 

1999年、日本人研究者の芹沢博士(渡辺謙)はフィリピンの鉱山で謎の巨大古代生物の痕跡を発見する。同じ頃、日本の原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊してしまう。15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にするのだった。

日本が世界に誇る怪獣映画のビッグネーム「ゴジラ」のハリウッド版の第2作。なんと言ってもゴジラがなかなか出てきません。怪獣が出てきたと思ったらムートーという別の怪獣だったりします。で、いざ現れたゴジラはとてつもなくデカイ。100mを超えるという巨体は圧巻です。

人間ドラマに重きを置いているようにも見えますが、途中まで誰がいったい主人公なのかという点では、微妙な展開をします。渡辺謙演じる芹沢博士なのか?と思いきや、大した活躍はせずに、米軍に随行して、アドバイスをする程度です。神格化した感のあるゴジラに対する畏怖の念を醸し出す役目なのでしょう。そして、反原発へのメッセージや、自然への恐れを忘れてはならないというメッセージの代弁者なのかもしれません。

今回、2D字幕版を鑑賞しましたが、3D版ではさらに迫力のあるゴジラの勇姿が観られることでしょう。とにもかくにも怪獣アクションとして見るのであれば、大迫力の映像は素晴らしいです。いろんな面でちぐはぐだなあと思ってしまいますので、人間ドラマを楽しみたい方には、少々物足りないという印象です。

突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケールで描くパニック・アクション。

« 2014.07映画鑑賞総括 | トップページ | VAIO PRO 13入院す その5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60078338

この記事へのトラックバック一覧です: 「GODZILLA ゴジラ」鑑賞:

« 2014.07映画鑑賞総括 | トップページ | VAIO PRO 13入院す その5 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ