« 「17歳のエンディングノート」私的映画考Vol.294 | トップページ | 「バトルフロント」鑑賞 »

2014/08/19

NHK BSプレミアム「マキハラといっしょ」鑑賞

先日、NHKBSプレミアムにて2014年8月15日午後10時00分~放送された「マキハラといっしょ」を観ました。ゲストはなんと玉置浩二さんでした。マッキーも好き、玉置さんも好きな私にとっては何とも素晴らしい時間でした。

「マキハラといっしょ」は不定期に放送されている番組で、2013年末から数回放送されてきました。槇原敬之がホストとなり、ラジオ番組風に構成されている音楽バラエティーで、毎回、マッキーが今、会いたい人をゲストに呼び、話しを聞き、セッションしちゃうと言うモノです。

で、今回は玉置浩二さんが一人目のゲストでした。マッキー自身も圧倒的な歌唱力に憧れている、日本音楽界の至宝と言っても過言ではないと言っておりました。生演奏に、驚きの作曲法を語るシーンでは、まさに天才という玉置さんの才能の片鱗を垣間見ることができました。

会話の中で、「僕ってGなんだよねえ」というのがありました。これは、主音がGとなるG Dur(ト長調、F音に#がつく)のことで、その楽曲が多いと言う話しでした。確かに、楽譜を見てみると、あの曲もこの曲もG Durで、私がピアノで練習している「ワインレッドの心」も「メロディー」もそうなのです。本人曰く「Gが好き」なんですね。人によって、好きな響きというのはあると言うことですね。

もっと驚きなのが、コード名を知らないんだとか。覚えない理由は「偉そうになっちゃうからさ」ですからね。感覚でコードを弾き、魂の雄叫びとしてフレーズが浮かぶ。そこに理屈はいらないんですね。それでいて、あれだけの名曲を作り出し、そしてそれを続けていると言うのが凄い。まさに天才!という感じでした。 

そしてマッキー&玉置の初コラボ!ええ?初めてなの?って思いましたよ。「FNS歌謡祭」等で同じ会場にいることは良くあるようですが、確かに共演はなかったのかもしれない。なので、貴重な瞬間です。曲はもちろん「田園」。これも良かったです。

その他、玉置さんの音楽のルーツを聞けたり、名曲カバーを聴けたりと充実した内容で、あっと言う間の時間でした。また、カバーアルバムを企画中だとか、発売が待たれます。見逃した方は再放送もありますので、ぜひ。

■9月11日(木)23:15~
NHK BS プレミアム「マキハラといっしょ」(再放送)

【出演】槇原敬之,【ゲスト】玉置浩二,沖仁,【司会】秀島史香

楽曲

「雷が鳴る前に」
槇原敬之
「田園」
玉置浩二&槇原敬之
「I LOVE YOU」
玉置浩二
「祈りの歌が聞こえてくる」
槇原敬之&沖仁
「ESPERANDO[エスペランド]~まってるよ~」
沖仁
「若者のすべて」
槇原敬之

« 「17歳のエンディングノート」私的映画考Vol.294 | トップページ | 「バトルフロント」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60176220

この記事へのトラックバック一覧です: NHK BSプレミアム「マキハラといっしょ」鑑賞:

« 「17歳のエンディングノート」私的映画考Vol.294 | トップページ | 「バトルフロント」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ