« 「A列車で行こう3D」で行こう! | トップページ | 「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」鑑賞 »

2014/09/08

「LUCY ルーシー」鑑賞

先日、「LUCY ルーシー」を観てきました。リュック・ベッソン監督作品。出演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、アナリー・ティプトン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド他。 

ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、ある日マフィアの闇取引に巻き込まれ、下腹部に新種のドラッグの入った袋を埋めこまれる。だが体内でドラッグが漏れ出すアクシデントにより、彼女の脳は突如覚醒し始める。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中、ルーシーは次々と人智を超えた能力を発揮するが、同時に人間性が失われていき、自身でさえもコントロール不能な状態となって暴走を始めるのだった。やがて、彼女の脳は100%覚醒へと近づいていく。

リック・ベッソン監督の正当派アクションと言えるかどうかは微妙なところですが、強い女性が活躍するアクションというところでは、正当派でしょう。そこに、SF的要素を取り入れ、普段は10%しか使われていないという脳が覚醒し、20%、30%と次第に脳を拡張していくと、どうなるのかというところが見所のひとつでしょう。

序盤こそアクションはありますが、中盤以降は、ルーシーとその能力に翻弄される悪人たちという構図になっていくので、もはやアクションも不要という状態です。終盤は大銃撃戦ですが、100%覚醒したルーシーは、ほぼ無敵状態。

人間の進化の行き着く先とは?生命とはいったい?少々哲学的なテーマを扱っているので、ちょっと難解な部分はありますが、鑑賞後は爽快感があります。

新種のある物質の影響で脳が覚醒し、驚異的な力を発揮するようになるヒロインが巻き起こす騒動を描くサスペンス・アクション。

« 「A列車で行こう3D」で行こう! | トップページ | 「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60281998

この記事へのトラックバック一覧です: 「LUCY ルーシー」鑑賞:

« 「A列車で行こう3D」で行こう! | トップページ | 「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ