« 私的図書館考 その2 | トップページ | ただいま決算業務中 »

2014/09/11

「フライト・ゲーム」鑑賞

先日、「フライト・ゲーム」を観てきました。ハウメ・コジェ=セラ監督作品。出演:リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア、スクート・マクネイリー、ミシェル・ドッカリー、ネイト・パーカー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、アンソン・マウント、コリー・ストール、ルピタ・ニョンゴ、オマー・メトワリー他。

航空保安官ビル(リーアム・ニーソン)はニューヨークからロンドンへ向かう旅客機に乗り込んだところ、何者かからメールが届く。その内容は、1億5千万ドルを指定口座に送金しなければ20分ごとに1人ずつ機内の誰かを殺すというものだった。単なるいたずらかどうか真偽のほどを疑っているうちに、1人目の犠牲者が出る。次の犠牲者が出るまでのタイムリミットが迫り緊張感が高まる中、見えざる敵との頭脳戦が始まるのだった。

旅客機という密室の中で繰り広げられるサスペンスが良いです。展開に緊張感があり、主人公ビルの焦燥感がたまりません。しかし、彼にはトラウマに近い過去があり、さらに状況は厳しくなっていきます。協力者は隣に乗り合わせたジェン(ジュリアン・ムーア)。辛い状況のビルを助けます。

怪しげな乗客が次々と現れ、すべてを疑うには切りがありません。一人また一人と殺されていき、犯人の本当の目的が明らかになっていきます。いったい何のために、こんな事をするのか?旅客機と乗員乗客の運命はいかに?

アクション自体は少な目ではありますが、頭脳戦が楽しめるサスペンスアクションになっています。ラストは、さわやかな感動が待っています。

NY発ロンドン行きの飛行機に乗り込んだ航空保安官が、身代金を送金しなければ、20分ごとに1人を殺すという脅迫メールのせいで、乗客乗員全員を相手に孤独な戦いに挑むさまを描くサスペンス・アクション。

« 私的図書館考 その2 | トップページ | ただいま決算業務中 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60298514

この記事へのトラックバック一覧です: 「フライト・ゲーム」鑑賞:

« 私的図書館考 その2 | トップページ | ただいま決算業務中 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ