« 2014.09映画鑑賞総括 | トップページ | 「ケープタウン」鑑賞 »

2014/10/01

ソニー「4Kメディアプレーヤー FMP-X7」発売!

先日、ソニーより、4K試験放送「Channel 4K」や2015年3月スタートの4K本格放送受信に対応した124/128度CSデジタル放送チューナを内蔵した4Kメディアプレーヤー「FMP-X7」が発表されました。10月18日発売予定。ソニーストア価格39,880円+税。

FMP-X7は4K放送の受信に対応するほか、別売のUSB HDDを接続することで、4K放送の録画にも対応できます。124/128度CSデジタルチューナは1系統で、4K試験放送「Channel 4K」のほか、スカパープレミアム(2K)と、2015年3月スタート予定のスカパープレミアムの4K放送の受信/録画に対応します。

いよいよ4K放送が手軽に楽しめる体制が整ってきたという感じです。

4K放送の受信のほか、インターネット動画配信の「アクトビラ」が開始予定の4K動画配信や、USBメモリやハンディカムで撮影した4K XAVC S動画の再生や、USB HDDに記録した動画/音楽ファイルの再生にも対応。4K放送の受信・録画だけでなく、4Kコンテンツを集中管理するプレーヤーとして使えます。

他にも接続したUSBメモリやウォークマン内の音楽ファイルの再生で、192kHz/24bitまでのFLACやWAVなどのハイレゾ音源も再生可能。今注目のハイレゾも堪能できます。

もちろん、4K試験放送を視聴するためには、スカパー!プレミアムサービス対応のアンテナ(別売)、スカパー!ICカード(本機同梱)およびChannel 4Kへの視聴申し込みが必要です。また、本機と4K対応ブラビアを接続するにはハイスピードHDMIケーブル(カテゴリー2)で接続する必要があります。

4K試験放送のコンテンツもこれから充実していくようですし、来春からは本格的な放送も開始されます。4Kハンディカムも欲しいなあとは思っていますが、まだまだ高価ですから二の足を踏んでいます。また撮影しても4K映像を保存しておく場所もなかったですから、本機があれば、4K映像のまま保存・再生ができます。

4Kテレビを中心にして、様々なメディアを活用するための媒体として、この「4Kメディアプレーヤー FMP-X7」は活躍してくれることが期待されます。

ソニーストア

« 2014.09映画鑑賞総括 | トップページ | 「ケープタウン」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60394173

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー「4Kメディアプレーヤー FMP-X7」発売!:

« 2014.09映画鑑賞総括 | トップページ | 「ケープタウン」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ