« ハイレゾって何? | トップページ | 「ジゴロ・イン・ニューヨーク」鑑賞 »

2014/10/27

「ヘラクレス」鑑賞

先日、「ヘラクレス」を観てきました。ブレット・ラトナー監督作品。出演:ドウェイン・ジョンソン、イアン・マクシェーン、ジョン・ハート、ルーファス・シーウェル、アクセル・ヘニー、ジョセフ・ファインズ、ピーター・ミュラン、レベッカ・フェルグソン、トビアス・サンテルマン、アイザック・アンドリュース他。

人間と全能の神ゼウスの間に誕生した、半神半人の男ヘラクレス(ドウェイン・ジョンソン)は、神さえも恐れおののく並外れたパワーを誇りながらも、人間の心も兼ね備えた彼は、強さと優しさに満ちた者として名をはせていた。ある時、トラキアのコテュス王(ジョン・ハート)から、邪悪な戦士レーソス(トビアス・サンテルマン)率いる反乱軍から国を助けてくれと依頼される。レーソス襲撃の報が入り、過酷な戦いと卑劣な罠が待ち受ける戦場へと赴くのだった。

名前だけは知っているヘラクレス。英雄譚は数あれど、これだけ内容を知らない人物も珍しいという感じでした。観ている内に、「ああ怪力の人だったかも」というイメージだけが思い起こされました。

アクションシーン満載で、基本どつきあいですから大迫力でした。今回は2D字幕版を鑑賞しましたが、3D版ではさらに迫力の映像が楽しめることでしょう。

ヘラクレスの伝説は真実なのか、大げさなのか?という感じでまとめられていますが、5人の仲間とチームで戦うと言うのも知りませんでした。あながちエンディングロールで流れる種明かし的な映像は、本当はそういうことだったのかもしれないと言う面白い作りになっています。5人の仲間が個性的で、良かったです。また、家族の命を奪ったことで罪の意識に押しつぶされそうになるという人間味溢れるヘラクレスというのも興味深かったです。

全能の神ゼウスを父に持つギリシア神話の英雄ヘラクレスが、激しい戦いを通して、人間的に成長していく様子を描く、アクション作品。

« ハイレゾって何? | トップページ | 「ジゴロ・イン・ニューヨーク」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60552693

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘラクレス」鑑賞:

« ハイレゾって何? | トップページ | 「ジゴロ・イン・ニューヨーク」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ