« 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」鑑賞 | トップページ | 「ヘラクレス」鑑賞 »

2014/10/24

ハイレゾって何?

最近、家電量販店のオーディオ売り場へ行くと、「ハイレゾ」と言う言葉を見掛けます。「ハイレゾ」とはいったいなんでしょう?

メーカー各社がこぞってハイレゾ対応オーディオ製品を発売している昨今。「高品質な音源や音響機器の総称だろう」くらいには思っていましたが、正確なところは分かりませんし、どんな製品があるのかも分かりません。

ハイレゾとは、“HiRes”、“ハイレゾリューション・オーディオ”などとも表現されることがあります。明確な定義は今のところないのですが、ハイレゾ音源は、一般的に音楽CD(16bit/44.1kHz)やDAT(16bit/48kHz)を超える情報量をもつデータのことを指す言葉のようです。

ソニー製品大好きな私としては、ソニーストアのサイトを見てみても、ハイレゾの文字が飛び交っていますし、気になります。そこで、勉強開始です。

そもそも音楽CDの44.1kHzという値は、人間の聞き取れる周波数帯域(可聴帯域)であるとされている20Hz~20kHzをカバーするために定められていました。しかし、ハイレゾの場合は、24bit/96kHz、24bit/192kHzというような高い精度で記録されたファイルが用いられ、最大100kHz程度を超える周波数帯域をカバーするのです。

これまでCDでは省略されてしまっていた微細な音の変化や高域の音でも、ハイレゾ音源では可能な限り忠実に記録され、その情報をしっかり引き出せる音響機器を使うことで、実際の生音に近いリアルなサウンドを聴くことが可能になるのです。

スタンダード画質のテレビがハイビジョンになり、さらに4Kへと進化しているのと同じような流れが、オーディオの世界でも始まっているという感じなのです。

これは凄いです。音の位相がはっきりと言うレベルを超え、明確になり、これまでCDでは再現できなかったリアルな音がデータとして扱われるようになるのです。音楽の、オーディオの可能性が広がると言うモノです。ますます興味津々です。

つづく。

« 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」鑑賞 | トップページ | 「ヘラクレス」鑑賞 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60526526

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレゾって何?:

« 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」鑑賞 | トップページ | 「ヘラクレス」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ