« ハイレゾって何?その3 | トップページ | 「悪童日記」鑑賞 »

2014/11/14

NEX-5T物語 Vol.4

2013年11月、ソニーのデジタル一眼レフカメラ「NEX-5T」を購入しました。

ソニーストアにて発注し、待つこと数日。ついに到着しました。ソニーαEマウントデジタル一眼カメラ「NEX-5TY/B ダブルズームレンズキット」。標準ズームE PZ 16-50mm F3.5-6.6 OSS と、中長望遠レンズE 55-210mm F4.5-6.3 OSSの2本とボディのセットです。ボディカラーは黒。長期保証は3年ワイド。ソフトキャリングケース「LCS-EMJ」も併せて購入しまして、クーポンやポイントを差し引くと総額80,700円になりました。

さっそく開梱し、使い始めます。ボディは思っていた以上に小さめで、コンパクトデジカメのサイズです。右側の持ち手の部分がぷくっと膨らんでいてグリップしやすくなっています。この小ささが良いです。ミラーレスにすることによって、ボディを小型化しているわけです。

ボディの正面には、レンズ取付用のマウントがあります。まずは標準レンズを装着。レンズとボディにある白い○を合わせてカチッと言うまで回転させます。背面には、液晶モニタがあります。タッチパネルで、180度チルト可動式です。

バッテリとメモリカードを挿入し、準備OK。初期設定を行って、使い始めます。コンパクトデジカメと違いは、操作ボタン、ダイヤルがちょっと多めです。各種ボタンを操作してみます。基本的な表記は、ソニーのデジカメを使い続けていますから、おおむね一緒のようですから、それほど困りません。

本機にはフラッシュが内蔵されていません。外付けのフラッシュHVL-F7Sが同梱されており、フラッシュ撮影時には、適宜、装着が必要です。ケースがありますので、ショルダーストラップに取り付けておくと忘れないで済みます。

まずは屋内で、試し撮影。撮影モードをおまかせオートにします。シャッターボタンを半押しし、ピントが合えばピッという音がします。グッと押し込むと、カシャッと言う小気味いい音がし、撮影されます。なかなか気持ちが良い。基本的な撮影方法がわかったので、翌日は撮影に出掛けました。

つづく。

ソニーストア

« ハイレゾって何?その3 | トップページ | 「悪童日記」鑑賞 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60651964

この記事へのトラックバック一覧です: NEX-5T物語 Vol.4:

« ハイレゾって何?その3 | トップページ | 「悪童日記」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ