« 「誰よりも狙われた男」鑑賞 | トップページ | 「泣く男」鑑賞 »

2014/11/07

「美女と野獣」鑑賞

先日、「美女と野獣」を観てきました。クリストフ・ガンズ監督作品。出演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ、エドゥアルド・ノリエガ、ミリアム・シャルラン、オードレイ・ラミー、サラ・ジロドー、ジョナサン・ドゥマルジェ、ニコラス・ゴブ、ルカ・メリエヴァ、イヴォンヌ・カターフェルド、ミッキー・ハート他。 

バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベル(レア・セドゥ)が野獣(ヴァンサン・カッセル)の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の制約も受けなかった。自由に城内を移動する彼女は、恐ろしい外見の野獣の意外な過去に気付くのだった。

ディズニー版は観たことがありませんでしたので、その違いは分かりませんが、本作は終盤こそファンタジックになっていますが、全般的にはリアルな美しい物語になっています。

前半は、ベルが身代わりに野獣の住む城へ連れて行かれることになったのかを丹念に描きます。後半はベルの城での生活が始まります。それと交錯するように、過去の出来事、なぜ王子が野獣になってしまったのかも描いていきます。で、それを絵本で子供たちに読み聞かせるという構造です。

野獣の見た目也行動もリアルですので、恐ろしく描かれています。いつしか、ベルは野獣に惹かれていくのでした。しかし、事件が起こります。クライマックスはファンタジー大作という感じの戦いとなっていきます。

父の代わりに野獣の城に囚われた美しい娘が、野獣に隠された秘密に迫っていく姿を描くファンタジック・ラブストーリー。

« 「誰よりも狙われた男」鑑賞 | トップページ | 「泣く男」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60612656

この記事へのトラックバック一覧です: 「美女と野獣」鑑賞:

« 「誰よりも狙われた男」鑑賞 | トップページ | 「泣く男」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ