« 「美女と野獣」鑑賞 | トップページ | 「イヴ・サンローラン」鑑賞 »

2014/11/10

「泣く男」鑑賞

先日、「泣く男」を観てきました。イ・ジョンボム監督作品。出演:チャン・ドンゴン、キム・ミニ、ブライアン・ティー、キム・ヒウォン、キム・ジュンソン、カン・ジウ他。 

マフィアによって殺し屋として育てられたゴン(チャン・ドンゴン)は、ある日、任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴンであったが、その罪から逃れようともがけばもがくほど葬り去ったはずの哀しい記憶が蘇ってくる。そんな中、組織から新たな暗殺命令がゴンに下される。これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地ソウルに降り立つゴンだったが・・・。

誤って少女を殺してしまった殺し屋ゴン。最後のターゲットはその母親チェ・モギョン(キム・ミニ)でした。ターゲットに近づきつつ、チャンスをうかがいますが、悪夢が蘇り、殺すことはできませんでした。そこに、仲間であったはずのチャオズ(ブライアン・ティー)らが、ゴン抹殺の指令を受け、韓国へやってくるのでした。

前半は、ゴンが狙うモギョンとの関係を描いていきます。後半は、殺し屋対殺し屋の激しい戦いが描かれます。 マンションでの銃撃戦がとにかく大迫力。見に行った映画館は、いつも効果音が大きめだなあとは思っていますが、それにしても大音響でした。ゴンは複数の手練れに対して、いかに戦うのか?そして、モギョンを守れるのか?

なぜ「泣く男」なのか?全然泣かないじゃんと思いながら観ていましたが、その理由は最後の最後に分かります。きっと、あの時以来泣くことを止めてしまったのかもしれません。そして、その最期に取った行動は、贖罪なのか?それとも、母親に対する復讐だったのか?

心に傷を負いながら任務に身を投じる孤独な殺し屋の運命を描くクライムアクション。

« 「美女と野獣」鑑賞 | トップページ | 「イヴ・サンローラン」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60613062

この記事へのトラックバック一覧です: 「泣く男」鑑賞:

« 「美女と野獣」鑑賞 | トップページ | 「イヴ・サンローラン」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ