« 地球一のサッカーを見よう!2014 Vol.4 | トップページ | 「ホビット 決戦のゆくえ」鑑賞 »

2014/12/22

地球一のサッカーを見よう!2014 Vol.5

今年もやってきました年に一度のお楽しみ、サッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップ JAPAN 2014。世界6大陸のクラブチーム代表が世界一を争うこの大会。2014年12月11日より開幕いたしました。

以下の試合を鑑賞しました。

12/20 sat 25:14-
【M7 3位決定戦】
クルスアスル vs オークランドシティ   

前半は、一進一退の攻防が続きます。オークランドが積極的に攻め込みます。前半アディショナルタイム、自陣からのロングフィードがド・フリースに渡り、ゴールに流し込み、オークランドが先制します。ここまで大躍進のオークランドが先んじます。

後半に入るとクルスアスルがギアを入れ替えた感じで、猛攻撃を開始。57分、左サイドからクロスが入り、ファーサイドでロハスがヘディングシュート。これを岩田がブロックしたが、跳ね返ったボールをロハスが再びシュート。これが決まって、同点とします。

結局、PK戦へ突入し、勝負強かったオークランドが4-2で勝利し、3位となりました。

12/21 sun  4:00-
【M8 決勝】
レアル・マドリード vs サンロレンソ 

試合は一方的にレアルが攻める形になりました。ボール支配率は70%台。サンロレンソはときおりやってくるカウンターでの攻撃に賭けるしかありません。しかし、サンロレンソの守備も堅い。レアルも中か得点には結び付けられません。しかし、36分、クロースの左CKをS・ラモスがヘディングシュート!これが綺麗に決まり先制ゴール!

51分、イスコのパスをペナルティーエリア内で受けたベイルが、左足でシュート!2-0とします。その後もレアルペースで試合は進み、2-0でレアル・マドリードが勝利し、クラブワールドカップを掴みました。

C・ロナウドの得点こそ見られなかったモノの、いまこの新・銀河系軍団を止められチームがあるのかと思えるほどの攻撃力、そしてその裏に隠れがちですが守備力も兼ね備えた、バランスの良いチームと昇華したレアルマドリードの実力を堪能できた準決勝、決勝の2試合でした。

今回の大会は、なんと言っても、オセアニア王者のオークランドシティの台頭でしょう。6度の出場により、着実にチーム力を付けてきたオークランド。サッカーは、番狂わせがある競技ではありますが、セミプロのチームでもここまでできるのだという証明をしてくれました。来年以降のさらなる飛躍に期待しましょう。

今年2014年はワールドカップイヤー。ワールドカップでのスペインはふがいない試合をしてしまいましたが、クラブワールドカップでは、スペインのレアル・マドリードが圧倒的なパフォーマンスで、優勝を飾りました。世界選抜とも言えるレアル・マドリード。公式戦連勝記録を更新中です。どこまで伸ばすのか?

2014-15シーズンはまだ折り返し地点ですが、各大陸のチャンピオンズリーグは熱戦が繰り広げられています。来年のクラブワールドカップはどんなチームが出場するのか?2015年から日本での開催ということらしいですから、良い時間帯で観られることでしょう。今から楽しみに待ちましょう。

●順位

1 レアル・マドリード
2 サンロレンソ
3 オークランド・シティ
4 クルスアスル
5 ESセティフ
6 ウェスタン・シドニー
7 マグリブ・テトゥアニ

« 地球一のサッカーを見よう!2014 Vol.4 | トップページ | 「ホビット 決戦のゆくえ」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/60848879

この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2014 Vol.5:

« 地球一のサッカーを見よう!2014 Vol.4 | トップページ | 「ホビット 決戦のゆくえ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ