« 新しいテレビを買おう!その3 | トップページ | NEX-5T物語 Vol.10 »

2015/03/26

ハイレゾって何?その9

2014年12月、ようやく、ハイレゾウォークマン「NW-A16」とヘッドフォン「MDR-1A」が到着しました。

楽曲データのダウンロードが完了しましたので、ウォークマンをパソコンに接続し、転送を開始。終了しましたので、いよいよ音楽鑑賞開始です。

澤野弘之の「機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック2」です。お気に入りのサントラの一つで、これまで、家電量販店でハイレゾ音源を試聴してきた楽曲が入っています。

1曲目はボーカル曲の「EGO」。いきなり響きというか広がり感が違います。何度も聴いた曲でしたが、水の音のような音が聞こえてきました。こんな音が入っていたのかという驚きがありました。

2曲目「DESTROY→SELF-SACRIFICE」。ハイレゾ音源として試聴してきた楽曲です。重低音の金管楽器、たたみかけるような弦楽器、そして、煽り立てるような打楽器群。その音の一つ一つが明確な粒となって聞こえてきます。これは凄い。静かな部分と、大きな部分との対比がまた凄い。これまでのCD音源等は左右だけの広がり感だけでしたが、さらに上下の広がり感が足された感じになり、360度、全方向から音が聞こえてきて、包まれているようです。

全18曲、一気に聴き終えましたが、これまでに何回も聴いた音楽と一緒なのか?という感じで、別物に聞こえました。これがハイレゾです。音源の情報量が多いということが、これほどまでに違うと言うのが凄いです。息づかいや、弦の擦れる音が聞こえてきて、CDとは違うディティールやニュアンスが感じ取れるのです。

ハイレゾは凄いと何度書いても、こればかりは実際に聴いて体験してみないとわからないと思います。理屈はさておき、とにかく試聴してみて下さい。再生機器もざまざまありますし、ヘッドホン、アンプ+スピーカ等々聴き方も各種ありますが、オススメはやはりヘッドホンでの試聴です。家電量販店は様々な音がなっていますから、没頭できるのはヘッドホンなんですね。

ハイレゾ機器はまだまだ高価ですが、それだけの価値があると思えます。今後のステップアップはまだ先ですが、今後は、聴いてみたい楽曲を購入していこうと思います。

つづく。

ソニーストア

ソニーストア

« 新しいテレビを買おう!その3 | トップページ | NEX-5T物語 Vol.10 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/61341080

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレゾって何?その9:

« 新しいテレビを買おう!その3 | トップページ | NEX-5T物語 Vol.10 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ