« 「エクソダス:神と王」鑑賞 | トップページ | 新しいテレビを買おう!その2 »

2015/03/17

「きっと、星のせいじゃない。」鑑賞

先日、「きっと、星のせいじゃない。」を観てきました。ジョシュ・ブーン監督作品。出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、サム・トラメル、 ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク 、アナ・デラ・クルス、ランディ・コヴィッツ他。 

ヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は末期ガンのため学校にも行けず、友達もなく、酸素ボンベが手放せないでいた。ある日ヘイゼルは、両親の勧めでガン患者の集会に嫌々ながらも参加。そこで出会った骨肉腫のため片脚を切断した青年ガス(アンセル・エルゴート)に好意を寄せられるが、ヘイゼルは傷つけまいと彼と距離を置こうとする。ガスは彼女の好きな作家に会うためオランダへの旅を計画するのだった。そして迎えた旅の最終日、ガスはあることを打ち明けるのだが・・・。

病気のために引きこもりがちなヘイゼルが、病歴を持ちながらも明るく前向きに生きる青年ガスと出会うことによって、変わっていく様を描きます。友情から愛情へと変わり、かけがえのない財産となる時間を過ごしたふたり。しかし、悲しい別れの時は徐々に近づいていくのでした。

何ともせつないラブストーリーでした。爆弾を抱え、いつか周りの人々を傷つけてしまう。そんな風に思っている少女に恋ができるのか?そう思いながら観ていましたが、二人の距離が次第に縮まり、理解し合っていき、そして、どんな状況でも強い意志があれば何でもできるのだと思わせてくれます。ここが限界、なんてのは結局は自分が決めること。諦めなければきっとできるのです。0と1の間には、小さいけれど、無限の時間があるのだから。

不知の病を患った若い男女のせつない恋の行方を描くラブストーリー。

« 「エクソダス:神と王」鑑賞 | トップページ | 新しいテレビを買おう!その2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/61295904

この記事へのトラックバック一覧です: 「きっと、星のせいじゃない。」鑑賞:

« 「エクソダス:神と王」鑑賞 | トップページ | 新しいテレビを買おう!その2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ