« まもなく開幕!コパ・アメリカ2015 | トップページ | コパ・アメリカ2015 グループリーグ展望 »

2015/06/08

欧州チャンピオンズリーグ決勝!2015

ヨーロッパのサッカークラブチームのトップを決める2015ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝戦。2015年6月6日(日本時間7日)、ドイツ・ベルリンのオリンピアシュタディオンで開催されました。

日本では早朝の放送と言うことで、とてもリアルタイムでは見られません。そこで、HDDレコーダーでタイマー録画して鑑賞しました。EPG(電子番組ガイド)が、微妙になっていて、番組後半も予約しないと途中で終わるという時間設定になっていました。

今回は、19年ぶり通算3回目の制覇に挑むイタリア王者のユヴェントスと4年ぶり通算5回目の優勝を狙うスペイン王者のバルセロナの対戦。

4分、ネイマールからのスルーパスでペナルティエリア内左に抜けだしたイニエスタが、中央へ折り返すと、ラキティッチが綺麗に合わせてゴール!バルセロナが開始早々に貴重な先制点を上げました。

ユヴェントスはGKブッフォンの好セーブでバルセロナの猛攻を防ぎますが、その後は、バルセロナペースで進み、前半は、バルセロナ1点リードで折り返します。

後半55分、マルキージオのヒールパスでリヒトシュタイナーがエリア内右に抜け出し折り返し、中央でテベスが反転して放ったシュートはシュテーゲンに阻まれますが、こぼれ球をモラタが押し込んでゴール!ユヴェントスが同点に追いつきます。

徐々に勢いを取り戻したユヴェントスはボール支配率をやや上げつつ、攻勢に出ます。しかし、68分、メッシがドリブルからエリア手前左で左足を振り抜きシュート!ブッフォンに弾かれますが、こぼれ球に反応したスアレスが、押し込んでゴール!2-1とします。

ヒリヒリとした緊張感の続く中、攻防は続きますが、後半アディショナルタイムに、ネイマールがダメ押しのゴールを決めて、3-1。そのままタイムアップとなり、ヨーロッパ王者はバルセロナとなりました。4年ぶり5回目の優勝。

そして、バルセロナは、国内リーグリーガエスパニョーラ、カップ戦スペイン国王杯、チャンピオンズリーグの3冠を達成し、2度目の3冠となり史上初の記録を樹立しました。

今季のバルセロナは開幕当初こそ、若干のもたつきは感じましたが、中盤以降はいわゆる“MSN”トリオ、リオネル・メッシ、スアレス、ネイマールの3トップが確実に機能し、得点を量産。公式戦で3人合計120得点を記録するという驚異的な爆発力を発揮しました。さらにこれまでの課題だった失点も少なくなり、盤石な体制でシーズンを制覇。3冠を達成しました。このチームの勢いを止めるのは難しいのではと思えます。

この試合を最後に、17年間プレーしてきたMFシャビの退団が決まっていましたが、3冠という最高の花道で送り出すことができました。今までお疲れさまでした。シーズン終盤は、出番が少な目になってきていましたが、ピッチに入れば、攻撃の起点となり、チームもピシッと引き締まります。最高の状態のバルセロナの一番の立役者はシャビだったと、あらためて痛感しました。本当に、見ていて楽しく、そして美しいサッカーを見せてもらえました。ありがとう。

これで、今年の12月、クラブチーム地球一決定戦(FIFAクラブワールドカップ)へのバルセロナの出場が決まりました。どんな試合を見せてくれるのか、少し気が早いですが楽しみです。それにしても、緊張感のある良い試合でした。

« まもなく開幕!コパ・アメリカ2015 | トップページ | コパ・アメリカ2015 グループリーグ展望 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/61708123

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州チャンピオンズリーグ決勝!2015:

« まもなく開幕!コパ・アメリカ2015 | トップページ | コパ・アメリカ2015 グループリーグ展望 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ