« それゆけ!アクアくん Vol.62 | トップページ | 「2015日本海夕日コンサート」開催 »

2015/07/31

2015.07映画鑑賞総括

7月の劇場での映画鑑賞は8本。今年の累計60本。今月は、少な目の本数で推移しました。

0701   レフト・ビハインド
0703   アリスのままで
0706   ゼロの未来
0710   セッション
0713   アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
0717   ターミネーター 新起動ジェニシス
0727   奇跡のひと マリーとマグレット
0731   ジェームス・ブラウン

今月は、アクション、ドラマ、ラブストーリー、SFとバラエティに富んだ作品がありました。

今月良かったのは、「奇跡のひと マリーとマグレット」。生まれつき耳も目も不自由な少女と、彼女の教育に身をささげたシスターの実話を基に描く感動のヒューマンドラマでした。実話に基づくと言うのが、これほどまでに心に響くのかという作品でした。演技とは言え、ここまでするのは凄いとも思いました。死に物狂いの努力の成果が実った時の、感動的なこと、素晴らしいです。

「セッション」も良かったです。本年度アカデミー賞、作品賞他ノミネート作品。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく音楽ドラマ。助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズの鬼気迫る演技は圧巻でした。ラストの演奏も凄まじかった。

「アベンジャーズ」は大迫力のバトルが楽しめましたし、さらなる続編へと転換していく作品になっていました。「ターミネーター」は“新起動”と言うことで、新たなパラレルワールドの誕生で、正当な続編とは言いがたい作品でした。第1作と、第2作、ドラマの「クロニクル」をミックスしたような感じでした。

来月8月は、今月始まってまだ見ていない作品を見たあとは、「ミッション・インポッシブル ローグネイション」、「ジュラシックワールド」と大作が続きます。夏休み期間に入るので、本数は極端に少なくなると思われます。

と続きます。

« それゆけ!アクアくん Vol.62 | トップページ | 「2015日本海夕日コンサート」開催 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/61991614

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.07映画鑑賞総括:

« それゆけ!アクアくん Vol.62 | トップページ | 「2015日本海夕日コンサート」開催 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ