カテゴリー「プリウス」の記事

2012/02/13

プリウスくんが行く!Vol.107 トヨタ アクア編

Dsc01011 先日、ついにトヨタ新型ハイブリッド「アクア」が納車されました。

大雪に見舞われている新潟県内。新潟市内でも例年に比べて、かなりの積雪ではありますが、大雪の合間を縫って、トヨタ店へ行ってきました。当然のように、納車費用なんかも代金から削ってありますから、プリウスくんに乗って引き取りに向かう訳です。

最後のお勤めのプリウスくん。2004年5月に納車され、2012年2月上旬までおよそ7年9ヶ月の総走行距離は132,769km、総平均燃費は23.8km/Lでした。私がこれまで乗った車の中で最長期間、最長走行距離となりました。いろいろなところへプリウスくんで出掛けました。想い出が走馬燈のようにめぐります。本当に、ご苦労様でした。そして、ありがとうございました。さよなら、プリウスくん。

そして、待望の新車が納車です。「トヨタ アクア」、グレードG、ボディカラー:ブラックマイカ。オプションは、スマートエントリーパッケージ、アドバンストディスプレイパッケージ+ナビレディパッケージ、スペアタイヤ。フロアマットベーシック、ETC車載器、スマートナビ「NSZT-W61G」他、スタッドレスタイヤ&アルミホイール。その他諸費用を含め241万円也。

外装の傷等を確認し、注文時の内容と違いはないか確認します。それから、細かな使い方等の説明を受けます。こんなに説明を受けたことはないってくらい、細かく説明をしていただきました。

初めてのモノは、アドバンストディスプレイパッケージ+ナビレディパッケージになりますから、重点的に説明していただきました。インフォメーションディスプレイはハンドルについている、スイッチで操作するのですが、これがかなり操作しにくいです。エコウォレット設定で、比較する車両の燃費を設定できるのですが、プリウスくんの23km/Lをセットしました。バックモニターも新鮮です。まだ信用できないので、結局は目視するのですが。

カーナビもざっくりと説明していただきました。これはまあ普通の使い方です。カーナビのオーディオ機能が気になりましたので、確認しました。カーナビのオプションケーブルである、「iPod対応USB/VTRアダプター」も注文していたので、さっそく持参したiPodを接続しました。動作確認しましたので、終了です。

最後に、ぴっかぴかの状態で、記念写真を撮って、納車は完了です。

シフトレバーと、サイドブレーキの位置が違っているので、運転には若干の戸惑いはありますが、いざ出発。長年乗り慣れたプリウスくんに別れを告げ、帰宅の途につきました。(プリウスくんが行く!・了)

2012/02/07

プリウスくんが行く!Vol.106 トヨタ アクア編

先日、2012年1月21,22日に新潟市産業振興センターで行われた新潟トヨタ自動車の「新春大商談会」に行ってきました。

会場には、新型ハイブリッドカー「トヨタ アクア」の全10色の展示車を始め、現行車両から中古車まで展示されていました。試乗車も何車種かありましたので、「アクア」の試乗をしてきました。

「アクア」の試乗車は3台用意されていました。1時間ほど待ちまして、試乗開始です。試乗車は、Sグレード、ボディカラーはクールソーダメタリック。

会場となった産業振興センターからビッグスワン近くの交差点でUターンし、会場へ戻るという、走行距離は3kmほどでしたが、気になる燃費は24.6km/Lでした。 今回は、エアコンをオフに、ECOモードはONにしての走行でした。ほぼ平坦な直線コースを信号に数ヶ所止まっただけでした。が、このイマイチな燃費はどう受け止めれば良いのでしょう。

なるべく、プリウスくんで普段走行しているように走ったつもりですが、試乗車と言うこともあり、ちょっと遠慮したり、アクセルペダルのオンオフの踏み加減が違ったりする訳ですから、同じように走行していても勝手が違うのでしょう。それに、走行距離が短いと言うのも原因の一つでしょう。実燃費は、もっと距離を乗らないと分からないには違いありません。

しかし、カタログ値35.4km/L(JC08モード)からみれば、24.6km/Lが低い数字だというのは事実です。この辺りは、実際に納車され、ある程度の距離を走行した結果を、またご報告しようと思います。

乗り心地で言えば、非常に静かでした。プリウスくんと遜色のないほどの静かさでした。今回ECOモードでの走行でしたが、これの是非も課題でしょう。走りを優先すれば、ECOモードはアクセルに負荷が掛かっているようで、走り辛かったです。燃費優先で走るのであれば必須なのでしょうが、オンオフによって数字がどこまで変わるのかも、今後検証していきたいところです。

エンジンを切りますと、今回の走行による数値がインフォメーションディスプレイに表示されます。お疲れさまでしたという感じで、燃費やガソリン代、お得になった価格等です。今回は走行距離が短かったので、得した価格1円でしたが。他にもエコジャッジ、燃費履歴等いろいろな数値が表示されるようですから、楽しみながらエコドライブができそうです。

帰りに、試乗車と同色(クールソーダメタリック)のプルバックカーをいただいて、この日の試乗は終了です。ありがとうございました。

後は納車を待つばかりですが、先日、トヨタ店の担当者から電話がありました。納車日が2012年2月9日以降ならOKだと。ただ、新潟県地方は現在、雪に覆われていますし、2月8日から、また大雪の予報になっています。こんな時に納車もなあという感じでもありますが、早く乗りたいという気持ちもあります。天候と相談しながら、引き取りに行ってこようと思っています。いよいよ、アクアデビューです。

2012/01/30

プリウスくんが行く!Vol.105 トヨタ アクア編

Dsc00972 先日、2012年1月21,22日に新潟市産業振興センターで行われた新潟トヨタ自動車の「新春大商談会」に行ってきました。

会場には、新型ハイブリッドカー「トヨタ アクア」の全10色の展示車を始め、現行車両から中古車まで展示されていました。試乗車も何車種かありましたので、「アクア」の試乗をしてきました。

「アクア」の試乗車は3台用意されていました。1時間ほど待ちまして、いよいよ試乗開始です。試乗車は、Sグレード、ボディカラーはクールソーダメタリック。

座席位置とミラーを調整し、TFTマルチインフォメーションディスプレイの説明を受けました。スタートする前に、まずはエアコンを切ります。アクアのエアコンはプリウスくんの同様にインバーター式になっていますので、本来はエアコンの入り切りと、燃費には関連性はないはずなのですが、私のプリウス乗りとしての経験上、影響はあると思っていますので、いつもプリウスくんに乗っているのと同じ設定で、試乗することにしました。

スタート時に、気になったのはシフトレバーの位置。プリウスくんでは、ハンドルの脇のインパネに短いシフトレバーがありますが、アクアでは多くの車がそうであるように、運転席と助手席の間のフロアにあります。これは、新規のハイブリッドカーユーザーが、とまどわないように配慮されているんだとか。しかし、私のようなハイブリッドカーユーザーにしてみれば、オーソドックスな位置の方がとまどいます。また、階段状になっているシフトレバーも初めてなので、操作に慣れるのに時間が掛かりそうな気がします。

また、サイドブレーキも、足踏み式だったプリウスくんと違い、これまたオーソドックスな手動式になっています。こちらも、慣れるのに時間が掛かるでしょう。

サイドブレーキの脇に、EVモードボタンと、ECOモードボタンがあります。EVモードボタンも、プリウスくんの時はエンジンボタンの脇にあり、右手で操作ができましたが、アクアは左手の操作になりますので、こちらも慣れるのが大変です。今回は、ECOモードはONにしての走行になります。

それでは、いざスタートです。そろそろとアクセルペダルを踏みますと、エンジンが始動し、動き始めます。バッテリ残量は、ほとんど空の状態なので、エンジンが掛かるのでしょう。歩行者がいましたので、誘導員に従い横断歩道で一時停止します。すると、完全に停止する時に左前辺りから「グググ」と言うような音が聞こえます。ハイブリッドシステムの何かから音がすると言うことでしたが、ちょっと気になります。

新潟市産業振興センターの敷地を出て、信号を左折、ビッグスワン方面へと向かう直進コースです。50km/hまで加速します。走り始めますと、アクセルが重い感じがします。ECOモードをONにしているからのようです。燃費優先の制御を実施され、アクセル操作に対する駆動力とエアコンの消費電力などを省エネ化し、エコ運転をサポートする機能ですが、その分、レスポンスも鈍くなるのでしょう。

また、プリウスくんに乗る時と同じようなアクセルワークを心掛けました。一定速度まで加速したら、アクセルをいったん緩め、再び軽く踏む。そうすることによって、巡航時、電気モーターで走行するようになるのですが、アクアではなかなかなりませんでした。ほとんど、ガソリンエンジンで走行しているように感じます。初めて乗るので、おっかなびっくり遠慮気味に走っていたのは否めませんが、それにしても感じが違いました。

ビッグスワン近くの交差点でUターンし、会場へ戻ります。その間、信号に引っかかったのは3ヶ所くらいだったでしょうか。会場が見えてきたので、EVモードに切り替えます。カタログには、バッテリの状態にもよりますが、55km/hで2km程度走れると言うことになっていますので、8分目ほどバッテリはありましたから、問題なく会場までいける距離です。

スタートした場所まで、戻ってきて、バックで駐車します。「試乗はバックまで」と言うのが私の信条です。バックにシフトチェンジするのも慣れないので、目線はばっちり下向きです。当然のようにバックは電気モーターのみになります。平らな場所でしたから、段差等がどんな感じになるのか確認したいところでしたが、今回はできませんでした。

駐車しましたので、インフォメーションディスプレイを使って、今回の走行についておさらいをします。つづく。

2012/01/24

プリウスくんが行く!Vol.104 トヨタ アクア編

Dsc00970 先日、2012年1月21,22日に新潟市産業振興センターで行われた新潟トヨタ自動車の「新春大商談会」に行ってきました。

会場には、新型ハイブリッドカー「トヨタ アクア」の全10色の展示車を始め、現行車両から中古車まで展示されていました。試乗車も何車種かありましたので、「アクア」の試乗をしてきました。

「アクア」の試乗車は3台用意されていましたが、人気になっていて、オープンと同時に予約しましたが、1時間ほど待ちました。その間、会場に展示されている車を見て回りました。さすがにアクアが10色も並んでいると壮観です。

まずは、私が購入したブッラクマイカをじっくりと見物。今まで、ショールームにDsc00969 行っても他の色しかありませんでしたので、黒色は初めて見ました。やっぱり格好良い。明るめのボディカラーとは違い、ダーク系特にブラックマイカはまるで別の車のようです。メディアに露出しているカラーは水色、赤、黄色、オレンジが多いので、少々ポップなイメージが固まりつつあるのかもしれません。

ちょうど私が購入したGグレードでしたので、シートも含めて内装も確認できました。ブラウン系のシートですが、ボディカラーが黒ですから、マッチしていて、落ち着いた印象を受けました。運転席に座ったり、後部座席に座ったり、ボンネットを開けてみたり、後部ハッチを開けてみたりと、もう、やりたい放題です。

後部座席の足下はそれなりに確保されているとは思いますが、車幅自体がプリウスくんよりは狭いので、大人3人となると、かなり窮屈に感じるかもしれません。

展示車すべてがオーディオレス仕様のままだったので、オーディオ、カーナビ関係は確認できませんでした。

1時間ほど経ち、試乗の順番が回ってきたので、さっそく会場の外へ。試乗車は「アクア Sグレード」、ボディカラーは水色、クールソーダメタリック。メーカーオプションのスマートエントリーパッケージ、アドバンストディスプレイパッケージが装着されていました。

シートを調整し、エンジン始動!ブレーキペダルを踏んで、プリウスくんと同様のスイッチ式のエンジンスタートボタンを押します。すでに、何回か試乗が終わっていますので、暖機運転は終わっていますから、始動後もエンジン音はしません。ディスプレイに「READY」の文字が出るだけです。

その後、アドバンストディスプレイパッケージの装備を確認。説明を受けます。このパッケージには、TFTマルチインフォメーションディスプレイ、タッチトレーサーディスプレイ、ステアリングスイッチが含まれています。

スピードメーターの脇にTFTマルチインフォメーションディスプレイがあります。ハンドルには、ステアリングスイッチが有り、ここで、オーディオ操作や、インフォメーションディスプレイの操作、空調の操作を行うことができます。タッチトレーサー機能付ですから、いま、どのステアリングスイッチを操作しているかを、メーター内に自動表示されますので、手元のスイッチを見る必要がなく、運転中の視線移動を抑えることができます。

インフォメーションディスプレイには、エネルギーモニター、エコジャッジ、エコウォレット、エコウォレット履歴等楽しいコンテンツが表示され、より楽しく、ゲーム感覚でエコ運転をマスターすることができます。エネルギーモニターでトリップをリセットします。

エアコンの操作は、温度調整と内外気切り替えしかありませんで、プリウスくんのようにエアコンの入り切りや、デフロッガーの入り切り等はできません。オーディオの操作は同じようで、音量、選曲、モード選択ができます。

一通り説明を受けましたので、いざ出発です!つづく。

2012/01/12

プリウスくんが行く!Vol.103 トヨタ アクア編

Dsc00965 先日、トヨタ店へ行って、「トヨタ アクア」のプルバックカーをもらってきました。

新潟トヨタ自動車では、2012年1月15日まで「新春初売りトヨタアクアデビューフェア」を開催中で、1月7日、8日にはショールームの来場者に「新型アクア プルバックミニカー」をプレゼントと言うことでしたので、さっそく出掛けました。

まずは昨年12月に「アクア」を発注したお店へ出掛けます。先着300名様となっていたので、早めに出掛けました。お店に着きますと、プルバックカーが並んでいました。色とりどりのプルバックカー。老若男女をターゲットにしただけに、今回のボディカラーはカラフルです。白、銀、黒、とオーソドックスなモノから、青、赤と少々派手目な所に、トヨタでは珍しい黄色やオレンジもあります。

色指定はできませんと言うことでしたが、まだ在庫が豊富だったようで、購入したのと同じ黒色(ブラックマイカ)をいただくことができました。

12月中に、展示車をじっくりと見させてもらいましたが、このときも、再度確認したい点もあったので、実車を確認してきました。現物を見るとやはりコンパクトカーです。プリウスくんは3ナンバーですが、アクアは5ナンバーですから、車幅が狭くなっているのもあるでしょう。また、車内もかなり狭い印象を受けますので、身長の高い方はかなりの圧迫感を感じるかもしれません。

その後、別件で他メーカーのショールームを訪れましたが、偶然にも、そのお隣がトヨタ店だったので、ついでにいただいてきました。その店舗では、アクアの実車も展示してありませんし、プルバックカーも展示されていませんでした。キョロキョロと店舗内を探しましたが、見つけられなかったので、係の方に聞いて、1台いただきました。2台目は赤色(「スーパレッドV」)でした。

その翌日、買い物がてら、自宅から一番近いトヨタ店へ行き、3台目をいただきました。こちらは展示車はありませんでしたが、プルバックカーは何台か置いてありました。色を選んでも良いと言うことだったので、青色(ブルーメタリック)をいただきました。3台目ゲットです。

赤と青は、箱から取り出して使っていますが、黒色は未開封のままガラスの戸棚にしまってあります。宝物ですから。(* ̄ー ̄*)

今のところ、納車日については連絡はありませんが、1月納車という話しでしたから、まもなくのはずです。現在は、カタログを眺めたり、取扱説明書を眺めたり、プルバックカーを眺めたりしています。また、プリウスくんの中身の掃除もしています。CDやらDVDやら、雑誌やら、なんだかんだと積んだままにしてありましたので、引っ越しの準備もかねて整理をしています。不要なモノはなるべく積まない方が燃費には良いのですが、7年超も載っていると、おろし損ねた不要品が山のようにありました。ゴミにしからないようなモノも多々ありましたから、こりゃ無駄でした。

1月下旬か、2月初旬の納車ですので、発表から1ヶ月ですから短い期間ではありますが、待ち遠しいです。早く、来い来い、アクアくん。首を長ーーーーくして待っています。楽しみだなあ。

2011/12/22

プリウスくんが行く!Vol.102

今年も早いモノで、残すところ10日ほどとなりました。そこで、今年を振り返るシリーズ。今日はプリウスくんです。

今年2011年もよく走りました。走行距離は14,557km、平均燃費は24.1km/Lでした。2010年は走行距離は14,323km、平均燃費は24.1km/L。2009年は、走行距離14,944km、平均燃費は24.0km/L。2008年は走行距離16,305km、平均燃費は23.5km/L。2007年は走行距離16,986km、平均燃費は24.1km/L。2006年は走行距離19,282km、平均燃費は24.3km/L。2005年は走行距離21,224km、平均燃費は23.4km/Lでした。参考値ですが、2004年は13,269kmで、23.5km/L。5月末に購入して12月までですので約7ヶ月のデータです。

ここ数年、年間走行距離はほとんど変わりがありませんし、燃費もあまり変わりありません。2011年の最高値は27.3km/Lとなりました。例年7~9月は良い数値を出していますが、12~2月は数値が落ち気味という傾向ははっきりとしています。今年の夏も暑かったですが、クーラーはほとんど使いませんでしたので、夏場の燃費が特に良く27km/L前後を維持していました。

現在の総走行距離は130,915kmです。5月に3回目の車検を実施しました。大きな問題はありませんでしたが、発進時、ハンドルを切るとカタカタと音が鳴る現象が発生しています。走行に問題は無いとのことでしたが、次第に大きくなるでしょうと言う話しでした。その時点でも、トヨタの新型スモールハイブリッドへの買い換えは検討していましたから、ここで大きな修理は必要なかろうという判断で、修理は控えました。

まもなく正式に発表となるであろう「トヨタ アクア」。以前から提唱してきたコミコミ200万円のコンパクトカーでのハイブリッド車が実現されようとしています。先日、正式に注文をし、納車を待つばかりではありますが、カタログも発表時に手に入れられると思いますので、再度、中身を確認しようと思っています。

また、プリウスくんの下取り価格が、40万円強と思った以上についたのには驚きました。13万kmも走っていましたし、あちこちガタが来始めていたり、大小の傷がたくさんありましたから、10万円程度ではないかと思っていましたが、良い価格で引き取ってもらえそうです。これも、昨今のハイブリッドカー人気に起因するところでしょう。

そして、エコカー減税の延長と、エコカー補助金の復活がほぼ決まったと言うのも嬉しいニュースです。エコカー減税は、2012年3月末までの予定でしたが、そこから3年間延長ですし、エコカー補助金は2011年12月20日から2013年1月末までの間に登録となった車で、「27年度燃費基準」を満たすか、「22年度燃費基準」を25%上回る低燃費車が該当ということです。軽自動車は7万円、普通車は10万円。年末発売のトヨタアクアの販売台数を後押しすることでしょう。

今年は遠出こそしませんでしたが、よく走りました。明日からの三連休はクリスマス寒波の到来らしく、新潟地方では雪が降り続くという予報になっています。今冬も暖冬少雪傾向とは言いますが、大雪になりますと、渋滞が多くなり、寒さには耐えられませんのでエアコンをつけずにいられませんので、燃費が悪化してしまいます。燃費を優先したいところですが、体調を崩しては元も子もありませんから、エアコンをケチらず、厚着をしてさらに暖かくして走行しようと思います。来年も安全運転でまいりましょう。

そして、プリウスくん長い間、ありがとう。ご苦労様でした。

2011/12/06

プリウスくんが行く!Vol.101 トヨタ アクア編

私のプリウスくんも2011年5月に3回目の車検を受け、現在の総走行距離は13万kmを越えました。さすがに7年を超えると、あちこちガタが来始め、やや難のある部分が出てきました。そこで、今年の年末に発売が噂されている、コンパクトタイプの新型ハイブリッド「アクア」購入をめざし、あちこちのトヨタ店で情報がないかと調べ始めました。

先日、新潟市内のトヨタ店で新型スモールハイブリッド「アクア」の発注をしてきました。

いろいろ検討した結果、注文した内容は、こんな感じになりました。

●Gグレード 185万円、ボディカラー:ブラックマイカ

●メーカーオプション:スマートエントリーパッケージ 53,550円
                            アドバンストディスプレイパッケージ+ナビレディパッケージ 74,550円
                 スペアタイヤ10,500円
●販売店オプション:フロアマットベーシック15,750円
                ETC車載器+工賃27,668円
               スマートナビ「NSZT-W61G」他+工賃218,663円
                            スタッドレスタイヤ&アルミホイール100,905円

その他、自賠責保険料、自動車税、、リサイクル料、諸費用と販売店オプションの値引きを合計しまして241万円となりました。

あとは、プリウスくんの下取り料金です。13万kmも走っているし、大きな傷もあるし、小傷だらけですから10万円もあれば良いなあと思っていました。ちょっぴりドキドキしながら待っていると価格が出ました。が、なんとなんと40万円ほどの下取り価格になりました。えーーー!!!です。そんなになるの!!

なんでも、プリウス自体が中古車市場で人気があるらしく、おまけに黒というボディカラーも良かったとかで、大きな傷の修理代を差し引いてもこれくらいにはなるんだとか。もっとも、2社のトヨタ店で相見積もりをしましたから、がんばってくれたのもありましたが、40万円超で引き取ってもらうことになりました。

と言うことで、下取り価格を差し引いて、最終価格は195万円となりました。当初の目的であったもろもろ込み200万円のハイブリッド車の購入ができることになりました。ありがとうございます。

今のところ、早ければ1月か2月には納車になると言うことで2012年3月31日までの納車はできそうなので、所得税と重量税が免税となりますから、この税金101,750円の差は大きいです。

注文したのは、予約したトヨタ店となりました。先日価格を見せてもらったトヨタ店でも、今のところ2月納車と言うことでしたが、翌週には3月納車になるのではないかと言っていました。東京モーターショーで、ほぼ実車に近いモノが展示されているようですし、正式な発表はまだ先のようですが、このタイミングでもかなり好調のようです。

ようやく、価格も決定し、注文も完了し、3月までの納車はほぼ確定しましたので、これで一安心です。待ちに待った新型ハイブリッド車、それも200万円ですから、こんなに嬉しいことはありません。真冬の時期の納車は初めてで、少々不安ではありますが、今冬は雪が少ないことを祈りましょう。

燃費が約35km/lで、環境にも優しく、お財布にもやさしいNEWスモールハイブリッド「アクア」。今月末には正式発表となるでしょうから、カタログを見ながら、納車の日を待つことにします。

2011/11/29

プリウスくんが行く!Vol.100 トヨタ アクア編

私のプリウスくんも2011年5月に3回目の車検を受け、現在の総走行距離は12万kmを越え、まもなく13万kmになろうとしています。さすがに7年を超えると、あちこちガタが来始め、やや難のある部分が出てきました。そこで、今年の年末に発売が噂されている、コンパクトタイプの新型ハイブリッド「アクア」購入をめざし、あちこちのトヨタ店で情報がないかと調べ始めました。

先日、新潟市内のトヨタ店で新型スモールハイブリッド「アクア」の価格が正式に出たと言うことで、訪問してきました。

消費税込みの車両本体価格は

Gグレード 185万円
Sグレード 179万円
Lグレード 169万円

と言うことです。ここにメーカーオプション、ディーラーオプション、税金、諸費用、リサイクル料等が加算されます。もっとも、2012年3月31日までは、所得税と重量税が免税となりますので、かかりません。Gグレードで、合計101,750円(本体のみ)の免税ですから、値引きは全くないハイブリッド車ですからこの差は大きいです。

本体価格はかなり安価な設定となりました。GとSでは、わずか6万円の差、SとLでも10万円の差しかありません。GとSは内装の差くらいしかないので当然と言えます。

最初の数ヶ月はGとSのみの生産となり、おまけに「スマートエントリーパッケージ」がもれなくついてくると言うことでした(もちろん有償)。これはラインの混乱を少なくする目的なんだとか。元々付けるつもりでしたから問題はありません。価格は53,550円。

あとは、「アドバンストディスプレイパッケージ」を付けようと思っていました。“TFTマルチインフォメーションディスプレイ”がついてきますが、これは、「エコジャッジ」や「エコウォレット」等、液晶画面に表示されゲーム感覚でエコ運転が楽しめる機能になります。さらに、「タッチトレーサーディスプレイ」と「ステアリングスイッチ」も装備されます。価格は42,000円。

「アドバンストディスプレイパッケージ」+「ナビレディパッケージ」にすると、74,550円となりますが、こちらも魅力的。バックカメラと、2スピーカ追加の6スピーカになると言うモノ。トヨタ純正のカーナビを追加するのを前提にしたオプションになります。

他にもパッケージオプションはいくつかありますが、私はこれくらいにする予定です。ちなみに、「LEDヘッドランプパッケージ」は、115,500円、「ビューティーパッケージ」は、43,050円、「ツーリングパッケージ」は110,250円、「ナビレディパッケージ」は42,000円、「オーディオパッケージ」は46,200円となっています。

その他のオプションとしては、「応急スペアタイヤ」10,500円、「トノカバー」22,050円を付けようと思っています。ディラーオプションでは、「フロアマット」21,000円を付ける予定。

Gグレードで、「スマートエントリーパッケージ」、「アドバンストディスプレイパッケージ」+「ナビレディパッケージ」「応急スペアタイヤ」「トノカバー」「フロアマット」を装備して、諸費用を合計しますとおよそ、212万円ほどになりました。ここから下取り車の価格を引くと、200万円のハイブリッド車の誕生です!

まあ、私のプリウスくんは13万kmも走っていますから、下取り価格はあまりつかないでしょうが、10万円くらいは期待していますが、どうなりますか。

今回、訪問したトヨタ店は、先日予約したトヨタ店とは別の店舗になりますが、この店舗では、12月12日以降に注文を受け付けると言うことでした。なので、見積書も出せないんだとか。この店舗では、12月中に注文をすれば、たとえ2012年4月以降の納車になっても、エコカー減税分はトヨタ店が負担するという話しでした。でも、注文が遅れた場合、6ヶ月待ちになるのか、1年待ちになるのか分からないと言うことにもなります。

11月中旬に、先に予約をしたトヨタ店に話しを聞きに行った時点では、12月12日が初オーダーというのは同じですが、価格が決まった時点で注文を受け付けるということでした。で、12日までに正式な注文書を受け付けた分については、事前にした予約の順番でオーダーすることになるというのです。その時点では、2012年3月までの割り当て台数にはまだ余裕があるという話しでしたから、3月までに確実に納車されると思われる、予約をしたトヨタ店で発注する予定です。

価格も発表となり、いよいよハイブリッド車でもろもろ込み200万円で、満足のいく車種が現実のものとなりそうになってきました。もちろん、オーディオレス仕様なので、ここにカーナビまたはカーオーディオを追加することになりますから、すべてが200万円で収まる訳ではありません。それでも、ほぼ200万円で燃費が35km/lになるのですから、ガソリン代にしてもかなりの効果が出ると思われます。

「プリウス」と言う名前ではなくなってしまうのが実に惜しいですが、このコーナーはこのまま続けようかどうしようかと思案中です。今後も続報が入り次第お知らせしたいと思います。まもなく発表「トヨタ スモールハイブリッド アクア」。楽しみに待ちましょう。

2011/10/28

プリウスくんが行く!Vol.99 トヨタ アクア編

私のプリウスくんも2011年5月に3回目の車検を受け、現在の総走行距離は12万kmを越え、まもなく13万kmになろうとしています。さすがに7年を超えると、あちこちガタが来始め、やや難のある部分が出てきました。そこで、今年の年末に発売が噂されている、コンパクトタイプの新型プリウス・「プリウスc」購入をめざし、あちこちのトヨタ店で情報がないかと調べ始めました。

先日、新潟市内のトヨタ店で新型プリウス「トヨタ スモールハイブリッド」の予約をしてきました。

「新型車 車両予約申込書」と言うA4用紙1枚に、お客様情報、申込内容、車両情報等を書き込むモノです。氏名、住所、電話番号、生年月日を記入し、後は営業担当者と相談しながら、書いてもらいます。基本的には、メーカーオプションを含めて仕様を決めます。決めるのはグレード(G、S、L)、ボディカラー、内装色。

グレードはGとSでは内装が違うだけでそれほど違いはありませんが、とりあえずGにしました。現在乗っているプリウスくんからあまり落としたくないという判断です。ボディカラーはブラック。ずーっと黒い車に乗っていますが、あまり他に目が行かないのです。今回は老若男女がターゲットとなる車ですから、ボディカラーは10色と多彩です。従来車からのホワイト、シルバー、ブルー、レッド等に加え、新色のオレンジとイエローが加わっています。イメージカラーとなるクールソーダメタリック(水色)も良い色です。

Sグレードは、内装色が2種類ありますが、GとLは1種類しかありません。メーカーオプションとしては、スペアタイヤを付けました。あとはパッケージを決めてあり、その場で言いましたが、申込書には記載されていませんでした。後は、支払方法、下取り車の有無を記載して、終わりです。

留意事項として明記されている内容としては、“正式な「注文書」ではありません”とあり、価格発表後に、「注文書」を取り交わし、その後、順番にオーダーとなると言うモノ。また、“注文書を取り交わし後3日以内に「申込金10万円」を入金すること”ともありました。

予約申込書はあくまで現段階での情報でのみでしかできません。本体を始め、パッケージやオプションの価格は全く分からないのですから、正式な注文時にある程度変更も可能ということでした。

2012年3月末までのエコカー減税が適用されるかどうかで、購入価格に差が出てきますから、2011年末からの発売となると、これまでの3代目プリウスや、プリウスαの例からすると、3ヶ月で納車されるかどうかが微妙な訳です。そんな事情もあり、今回、「予約」受付となりました。が、予約したからと言って、3月末までの納車を確約するモノではありませんので、まだまだ安心はできません。

車名としては“アクア”となるのは決定のようなことを担当者は言っていました。“トヨタ アクア”となるのかと思っていたら、申込書の車名・グレード欄には「プリウス アクア G」とありましたから、“プリウス アクア”となるのかもしれません(単なる間違いかもしれませんが)。私ごとですが、ブログ上で「プリウスくんが行く!」をこのまま続けたいのですが、“トヨタ アクア”となるとコーナータイトルの意味が変わってしまうので困るのです。(^-^; ぜひとも、プリウスの名を残して欲しい所です。

カタログは、正式な発表日にしか店頭には出ないそうで、確実な情報はそれまでお預けのようです。価格自体は11月下旬頃には出るようですが、今後も情報が入り次第お知らせしたいと思います。正式発表が待ち遠しい「トヨタ スモールハイブリッド アクア」。楽しみです。

2011/10/21

プリウスくんが行く!Vol.98 トヨタ アクア編

私のプリウスくんも2011年5月に3回目の車検を受け、現在の総走行距離は12万kmを越え、まもなく13万kmになろうとしています。さすがに7年を超えると、あちこちガタが来始め、やや難のある部分が出てきました。それでも、燃費は24km/L平均で、そこそこの数字を出してますから、まだまだ走れるとは思っています。

が、そろそろ買い換えどきではあります。そこで、今年の年末に発売が噂されている、コンパクトタイプの新型プリウス・「プリウスc」購入をめざし、あちこちのトヨタ店で情報がないかと調べ始めました。

ネット上では様々な噂が飛び交っています。名前は“トヨタ プリウスc”ではなく“トヨタ アクア”となるんではないかとか、発売日は2011年12月末になるのではないかと言うようなモノです。この点をトヨタ店に聞いてみたところ、名前については未定とのこと。発表は12月下旬になるということらしいですが、発売日も含めて、まだまだ不確定な情報と言えるでしょう。

で、先日、トヨタ店を訪れて、その他のことについて、詳しく聞いてきました。

通称「トヨタ スモールハイブリッド」。グレードはG、S、Lの3種類、色は10色程度になるようです。価格は一切決まっていないと言うことでしたが、スタッフの予想では、Lはかなりの低価格になるだろう。おそらく本体価格150~160万円。Sは170~180万円Gは200万円程度ではないかということです。

全長3995mm、全幅1695mm、全高1445mm、ホイールベース2550mm。排気量は1496cc。気になる燃費はLが40.0km/L、GとSは37.0km/L。Lは内装や装備についてもかなり削ってくるので車両重量も1050kgとなります。GとSは1080kg。コンパクトタイプですから、現行プリウスの1350kgとは300kgの差がありますからこの燃費もうなずけます。

燃料タンクは36L。現行は45Lですから、10Lほど小さくなります。小さくなっても省燃費ですから、走行距離はカタログ値から単純計算でも1440km/Lになりますし、もし実燃費が30km/L程度だとしても、1000kmは走れる計算になります。

価格をかなり落として安価なイメージで売り出すのでしょう、パッケージがたくさんありました。スマートエントリー機能もオプションパッケージですし、詳しい燃費情報表示もオプション、美肌効果のエアコン(だったかな?)や、スポーツパッケージもありました。オプションと言えば、スペアタイヤもオプションでしたが、必要最低限のモノは本体に含めてもらいたいところです。

エアコンは全グレード、オートエアコンは嬉しいところです。クルーズコントロールはメーカーオプションでもありませんで、全く付けられないと言うことでした。コンパクトカーには必要ないという判断なのでしょうが、ハイブリッドカーには必須のモノだと私は思うのですが、どうにかならないのでしょうか?

全体を把握していくと、本体価格自体はかなり抑えられた価格になると思いますが、パッケージオプションを付け足していくと、結構良い値段になってしまうかもしれません。GとSはシート地が違ったり、ステアリングが本皮だったりの違いであまり変わりがありませんでした。Lは廉価版の低価格車という位置づけでしょう。そうすると、Gでも本体価格は200万円をぎりぎり切ってくる可能性も出てきます。

しかし、私が常々提唱しているもろもろ全部込みで200万円のハイブリッドカーが、この「トヨタ スモールコンパクト」になるかどうかは怪しくなってきました。Lグレードであれば、おそらくもろもろ込みで200万円でいけるでしょうが、現在乗っているプリウスくんから、居住性や内装が、あまりにもかけ離れてしまうので、少々難しいような気がしてきました。燃費を優先するか、居住性を優先するか、そこが問題だ。

まだまだ全貌が明らかになった訳ではありませんが、今後も情報が入り次第お知らせしたいと思います。正式発表が待ち遠しい「トヨタ スモールハイブリッド」。それにしても、車選びは楽しいモノです。

※なお、まだ正式に発表された情報ではないので、絶対確実ではありませんので、あしからず。

より以前の記事一覧

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ